2022年度 アカデミー事業

10月1日(土)、深川の友愛会館にて深川青年会議所アカデミー生によるメンバーの親睦を目的としたアカデミー事業が行われました。深川青年会議所では入会1・2年目の会員をアカデミー生としており(理事メンバーは除く)、今年度は高畑君と江利山君の二人で企画立案し、佐藤専務理事並びに総務研修室の指導のもとで事業当日を迎える運びとなりました。

本事業では、アカデミー生は深川青年会議所における事業運営の流れを知り、理事会にて擬似上程を行うことで経験を積むことが出来ました。試行錯誤を繰り返したことでアカデミー生は次年度以降の自信につなげることが出来たと考えます。

当日は『ゲームで仲良くなっていいんかい?』の名称にふさわしく、様々なゲームを通じて終始楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今回のアカデミー生の事業目的である「現役メンバー間の距離を縮め今後の円滑な事業の推進につなげる」は達成することが出来たと考えます。当日までの準備と事業の運営を行ったアカデミー生のお二人、そして参加されたメンバーの皆さま、お疲れ様でした!

前の記事

第81回定時総会